コンソール

概要

コンソール(コマンドプロンプト)に、文字を表示したり、入力したりするための部品です。

この種類は、コンソールで実行した場合にのみ有効です。
コンソール版の実行可能ファイルを作成した場合や、プロジェクトモードで「コンソールで実行」を選んだ場合のみ有効です。

 

手順

【自分】へ表示する

コンソールへ文字を出力します

【自分】へ表示して改行する

コンソールへ文字を出力して、改行します

【自分】から受け取る:文字列

コンソールから1行分の文字を受け取ります

設定項目

設定項目   説明
整数 コンソールウィンドウの上端
整数 コンソールウィンドウの左端
整数 コンソールウィンドウの幅
高さ 整数 コンソールウィンドウの高さ
桁数 整数 コンソールの桁数
行数 整数 コンソールの行数名

記号の意味

サンプルコード

コンソールで文字を受け付けて表示する

コンソールで入力した内容をコンソールに表示します。

このプログラムは、コンソール版の実行可能ファイルを作成した上で実行してください。
コンソール版にするには、「実行可能ファイルの作成」でファイルの種類を「実行可能ファイル コンソール」に設定してください。

※コンソール
コンソールへ「何か入力してください」を表示して改行する
コンソールから受け取って、結果とする
結果をコンソールへ表示する

ページ先頭へ