ファイル情報

概要

ファイルのパスなどの情報を表す種類です。

生成可能変換

作成する方法

【名前】というファイル情報(【ファイルパス】)を作る

手順

【自分】を作成するファイル書込器

ファイルを作成します

デスクトップから「data」というフォルダを取得してデータフォルダとする
データフォルダから「data.log」というファイルを取得してログファイルとする
ログファイルを作成して書込器とする

保護あり 保護機能の有効時は、作成先フォルダ名にシステム領域を指定できません。

【自分】を開くファイル読取器

このファイルを開きます。

デスクトップから「data」というフォルダを取得してデータフォルダとする
データフォルダから「data.log」というファイルを取得してログファイルとする
ログファイルを開いて読取器とする

保護あり 保護機能の有効時は、作成先フォルダ名にシステム領域を指定できません。

【自分】を読み取り専用として開くファイル読取器

このファイルを読み取り専用として開きます。

デスクトップから「data」というフォルダを取得してデータフォルダとする
データフォルダから「data.log」というファイルを取得してログファイルとする
ログファイルを読み取り専用として開いて読取器とする  

【自分】を削除する

フォルダを削除します。フォルダ内にあるファイルとフォルダも完全に削除されます。

デスクトップから「data」というフォルダを取得してデータフォルダとする
データフォルダから「data.log」というファイルを取得してログファイルとする
ログファイルを削除する

保護あり 保護機能の有効時は、フォルダ名にシステム領域を指定できません。

【自分】が存在する

このファイルが存在するかどうかを判定します

デスクトップから「data」というフォルダを取得してデータフォルダとする
データフォルダから「data.log」というファイルを取得してログファイルとする
もしデータフォルダが存在するなら
	「存在します」を情報アイコンで表示する
でなければ
	「存在しません」を警告アイコンで表示する
もし終わり

【自分】を【新ファイル名】へ変更する

このファイルの名前を変更します。

ファイルの名前を変更する

デスクトップから「書類.xlsx」を取得して書類ファイルとする
書類ファイルを「書類(提出済み).xlsx」に変更する

保護あり 保護機能の有効時は、対象フォルダにシステム領域を指定できません。

【自分】を【移動先】へ移動する

このファイルを別のフォルダへ移動します。

デスクトップから「書類.xlsx」を取得して書類ファイルとする
書類ファイルをマイドキュメントへ移動する

保護あり 保護機能の有効時は、対象フォルダにシステム領域を指定できません。

記号の意味

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
名前 文字列 ファイルの名前
絶対パス 文字列 ファイルの絶対パス
サイズ 長整数 ファイルのサイズ
サイズ表記 文字列 ファイルのサイズ表示用表記
作成日 日時形式 ファイルの作成日
アクセス日 日時形式 ファイルのアクセス日
更新日 日時形式 ファイルの更新日
ファイル属性 列挙体 ファイルの属性
フォルダ フォルダ情報 ファイルがあるフォルダ
フォルダ名 文字列 ファイルがあるフォルダ名

型変換

この種類は、次の別のデータ型へ自動的に変換できます。

方向 説明
文字列 「絶対パス」設定項目と同じ文字列

サンプルコード

ファイルサイズなどを調べる

ファイル情報を取得します。

デスクトップから「報告書.xlsx」を取得してそのサイズを報告する
デスクトップから「報告書.xlsx」を取得して報告書ファイルとする
報告書ファイルのサイズ表記を報告する

フォルダの合計サイズを計算する

マイドキュメントの合計ファイルサイズを計算します。

マイドキュメントの全ファイル一覧すべてのサイズの合計のサイズ形式を報告する

ページ先頭へ