ファイル読取器

概要

文字列を読み取るための種類です。

文字列読込器を使うことで、文字列を一文字ずつ順番に読み取ることができます。

生成可能

作成する方法

【名前】というファイル読取器(【ファイル名】)を作る
【名前】というファイル読取器(【ファイル名】,【文字コード】)を作る

【ファイル名】には、読み取るファイルのパスを指定します。
【文字コード】には、ファイルの文字コードを指定します。

手順

次の手順が使用できます。

【自分】を、次へ進める

読み取り位置を次へ進めます。

【自分】から、一行読み取る:文字列

読み取り位置から1行文の文字列を取得します。

【自分】から、すべて読む:バイナリ配列

読み取り位置から最後までの文字列を取得します。

【自分】が、終わり:真偽値

文字列の読み取りが終わったかどうかを真偽値で返します。

【自分】を、閉じる:真偽値

文字列の読み取りが終わったかどうかを真偽値で返します。

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
現在文字   読み取り位置にある文字を1文字だけ表します

記号の意味

サンプルコード

ファイルから1行ずつ読み取る

ファイル読取器を操作して、空白で区切られた文字を順番に配列に格納します。

読取器は、ファイル読取器(「lines.txt」)を作ったもの
出力配列は、{ }
繰り返す
	読取器から一行読み取って結果とする
	もし結果が無なら繰り返しから抜け出す
	結果を出力配列へ加える
繰り返し終わり
出力配列を報告する

ページ先頭へ