ドットネット型

概要

.NET Framework上のCLR型を表す種類です。
プロデルから.NET Framework型のインスタンスを生成したりメソッドやプロパティにアクセスしたりできます。

注意! この機能を利用するためには、C#またはVB.NET言語など他のプログラミング言語に加えて、.NET Frameworkのクラスライブラリの知識が必要になります。この機能を利用する場合は、.NETクラスライブラリのドキュメントをご参照ください。

生成可能

作成する方法

【名前】というドットネット型(【型名】)を作る

【型名】には、名前空間を含めた完全な名前で指定します。 

手順

次の手順が使用できます。

自分から〈【引数一覧】で〉インスタンスを作るネット物

ドットネット型が持つ型情報からインスタンスを生成します。

自分から〈【引数一覧】で〉配列を作るネット物

ドットネット型が持つ型情報から、配列型のインスタンスを生成します。

自分から【プロパティ名】を取得する基本物

この型の静的プロパティから値を取得します。

DateTime型というドットネット型(「System.DateTime」)を作る
DateTime型から「Now」を取得して表示する

自分で【プロパティ名】へ【値】を設定する

この型の静的プロパティに対して値を設定します。

自分から【メソッド名】を〈【引数一覧】で〉呼び出す基本物

この型の静的メソッドを指定した引数一覧で渡して呼び出します。

String型というドットネット型(「System.String」)を作る
String型から「Concat」を{「A」,「B」}で呼び出す
それを表示する

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
管理型 System.Type型のオブジェクトを表します
完全名 完全名を表します
名前 クラス名を表します

記号の意味

サンプルコード

StringBuilderクラスのインスタンスを生成する

StringBuilderクラスのインスタンスを生成します。

StringBuilder型というドットネット型(「System.Text.StringBuilder」)を作る
StringBuilder型からインスタンスを作ってbuilderとする
builder:Append(「こんにちは」)
builder:Append(「さようなら」)
「[builderのLength]:[builder:ToString()]」を表示する

Stopwatchクラスのインスタンスを生成する

Stopwatchクラスのインスタンスを生成します。

/* ストップウォッチ */
時計というストップウォッチを作る。
時計を開始する。

s = 0
10000回、繰り返す
	s = s + 1
繰り返し終わり

時計を停止する。
(時計の時間取得する)を表示する。

ストップウォッチとは
	-sw

	はじめの手順
		Stopwatchというドットネット型(「System.Diagnostics.Stopwatch」)を作る。
		Stopwatchからインスタンスを作って、swとする
	終わり

	自分を開始する手順
		sw:Start()
	終わり

	自分を停止する手順
		sw:Stop()
	終わり

	[自分]の、時間取得する手順
		swのElapsedMillisecondsを返す
	終わり
終わり

ページ先頭へ