SQLiteデータベース

概要

「SQLiteデータベース」は、SQLiteデータベースを操作するための種類です。

生成可能

必要プラグイン

  • SQLiteプラグイン(Produire.Data.SQLite.dll)
  • データ機能(Produire.Data.Base.dll
  • SQLite依存ライブラリ(System.Data.SQLite.dll, SQLite.Interop.dll)

作成する方法

【オブジェクト名】というSQLiteデータベースを作る

 

手順

継承された手順の他に次の手順があります。

【自分】へ〈【接続文字列】で〉接続する

指定したデータソースを開きます

【自分】から切断する

データベースを閉じます

【自分】へ〈【DLLファイル名】から〉〈【エントリー名】を〉登録する

SQLiteの拡張機能を読み込みます。SQLiteの拡張機能で提供されている関数を利用するには、接続後に拡張機能を登録する必要があります。

SQLiteというSQLiteデータベースを作る
SQLiteのデータソースを「database.db」に変える
SQLiteへ接続する
SQLiteに「sqlite3_json_init」を登録する

設定項目

継承された設定項目の他に次の設定項目があります。

設定項目   説明
データソース 文字列 データベースファイルの位置
接続文字列 文字列 SQLiteへの接続文字列
バージョン 文字列 SQLiteのバージョン
データバージョン 文字列 データベースファイルのバージョン
拡張機能有効 真偽値 拡張機能を有効化するかどうかを設定します

記号の意味

サンプルコード

SQLiteのデータベースを操作する

SQLiteデータベースへ接続します。

SQLiteというSQLiteデータベースを作る

SQLiteのデータソースを「database.db」に変える
SQLiteへ接続する

// 必要な処理をここに書きます //
SQLiteから切断する

SQLite形式のデータベースへテーブルを作成します。

SQLiteで「CREATE TABLE 楽曲 (曲目番号 INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT, 曲名 TEXT, アーティスト TEXT, アルバムID INTEGER);」を実行する

SQLiteデータベースのテーブルからレコードを取得します。

結果は、[SQLiteから「SELECT 曲名 FROM 楽曲」を取得したもの]
結果の内容を情報アイコンで表示する

SQLiteデータベースのテーブルへレコードを挿入します。

結果は、[「INSERT INTO 楽曲 (曲名,アーティスト) VALUES ('I AM YOUR SINGER','サザンオールスターズ')」をSQLiteで実行したもの]
「[結果]件、処理しました」を情報アイコンで表示する

//レコードが挿入されたことを確認します
結果は、[SQLiteから「SELECT 曲名 FROM 楽曲 WHERE 曲名='I AM YOUR SINGER'」を取得したもの]
「追加後」として結果の内容を情報アイコンで表示する

SQLiteデータベースのテーブルのレコードを更新します。

結果は、[「UPDATE 楽曲 SET 曲名='I am your singer' WHERE 曲名='I AM YOUR SINGER'」をSQLiteで実行したもの]
「[結果]件、処理しました」を情報アイコンで表示する

//レコードが更新されたことを確認します
結果は、[SQLiteから「SELECT 曲名 FROM 楽曲」を取得したもの]
「更新後」として結果の内容を情報アイコンで表示する

SQLiteデータベースのテーブルのレコードを削除します。

結果は、[「DELETE FROM 楽曲 WHERE 曲名='I AM YOUR SINGER'」をSQLiteで実行したもの]
「[結果]件、処理しました」を情報アイコンで表示する

//レコードが削除されたことを確認します
結果は、[SQLiteから「SELECT 曲名 FROM 楽曲」を取得したもの]
「削除後」として結果の内容を情報アイコンで表示する

SQLiteデータベースからテーブルを削除します。

SQLiteで「DROP TABLE 楽曲」を実行する

ページ先頭へ