ODBCデータベース

概要

「ODBCデータベース」は、ODBCを利用してデータベースへ接続する種類です。

生成可能

必要プラグイン

データ機能(Produire.Data.dll)

作成する方法

この種類は、作成する必要はありません。

手順

継承される手順のほか、次の手順が使用できます。

【自分】へ〈【接続文字列】で〉接続する

データベースへ接続します。
接続する前に接続文字列などを設定する必要があります。

【自分】から切断する

データベースを閉じます

設定項目

継承された設定項目の他に次の設定項目があります。

設定項目   説明
データソース 文字列 データソース名(Data Source)
データソースファイル 文字列 接続文字列が含まれるDSNファイルの位置
接続文字列 文字列 データソース名(DSN)やサーバなどを設定する接続文字列
この設定項目を設定した場合「サーバ」・「ポート」などの各設定項目の設定は、無効になります。
サーバ 文字列 データソースがあるサーバ
ポート 整数 データソースがあるサーバのポート
ドライバ 文字列 ODBCコネクタのドライバ名
スペースが含まれる場合は、{ }で囲む必要があります。
ユーザ名 文字列 データソースへ接続するためのユーザ名
パスワード 文字列 データソースへ接続するためのパスワード
データベース 文字列 操作する既定のデータベース

記号の意味

サンプルコード

ODBCを用いて、MySQLデータベースへの接続例
このサンプルを実行するには、MySQLとMySQL ODBC Connectionが必要です

MySQLというODBCデータベースを作る

//MySQLのデータソースファイルを、「[プログラムの位置]mysql.dsn」に変える
MySQLのドライバは、「{MySQL ODBC 5.1 Driver}」
MySQLのユーザ名は、「root」
MySQLのパスワードは、「」
MySQLのデータベースは、「test」
MySQLへ接続する

ーーテーブルの作成
MySQLで「CREATE TABLE 楽曲 (曲名 VARCHAR(30),アーティスト VARCHAR(30), アルバムID INTEGER);」を実行する

ーーデータの取得
結果は、[MySQLから「SELECT 曲名 FROM 楽曲」を取得したもの]
結果の内容を情報アイコンで表示する

ーーデータの追加
結果は、[「INSERT INTO 楽曲 (曲名,アーティスト) VALUES ('I AM YOUR SINGER','サザンオールスターズ')」をMySQLで実行したもの]
「[結果]件、処理しました」を情報アイコンで表示する

結果は、[MySQLから「SELECT 曲名 FROM 楽曲 WHERE 曲名='I AM YOUR SINGER'」を取得したもの]
「追加後」として結果の内容を情報アイコンで表示する

ーーデータの更新
結果は、[「UPDATE 楽曲 SET 曲名='I am your singer' WHERE 曲名='I AM YOUR SINGER'」をMySQLで実行したもの]
「[結果]件、処理しました」を情報アイコンで表示する

結果は、[MySQLから「SELECT 曲名 FROM 楽曲」を取得したもの]
「更新後」として結果の内容を情報アイコンで表示する

ーーデータの削除
結果は、[「DELETE FROM 楽曲 WHERE 曲名='I AM YOUR SINGER'」をMySQLで実行したもの]
「[結果]件、処理しました」を情報アイコンで表示する

結果は、[MySQLから「SELECT 曲名 FROM 楽曲」を取得したもの]
「削除後」として結果の内容を情報アイコンで表示する

ーーテーブルの削除
MySQLで「DROP TABLE 楽曲」を実行する

MySQLから切断する

ページ先頭へ