データセット

概要

複数の表を保持できるデータセットを表す種類です。
この種類は、表部品に表示されているデータやデータベースエンジンから取得したデータを取得したり加工したりするためのものです。

必要プラグイン

データ基本機能 (Produire.Data.Base.dll)

作成する方法

【名前】というデータセットを作る

手順

【自分】をすべて消す

データセットにあるデータ表をすべて消します

【自分】へ【データ表:データ表】を加える

データセットへ表を追加します。

データセットにデータ表を作る

データセットを作って財産データとする
データ表を作って家計簿とする
家計簿に{「日付」,「内容」,「値段」}という列を加える
家計簿に{日付=今,内容=「食費」,値段=1500}を追加する
財産データに家計簿を追加する

【自分】から【データ表:データ表】を消す

データセットから指定した表を消します。

【自分】を【ファイル名】へ保存する

データセットの内容をXMLファイルへ保存します。

データセットをXMLファイルとして保存する

データセットを作って財産データとする
財産データの名前は、「財産データ」
データ表を作って家計簿とする
家計簿の名前は、「家計簿」
家計簿に{「日付」,「内容」,「値段」}という列を加える
家計簿に{日付=今,内容=「食費」,値段=1500}を追加する
財産データに家計簿を追加する
財産データを「dataset.xml」へ保存する

【自分】を【ファイル名】へスキーマとして保存する

データセットの内容をXMLファイルへ保存します。

データセットのXMLスキーマを保存する

データセットを作って財産データとする
財産データの名前は、「財産データ」
データ表を作って家計簿とする
家計簿の名前は、「家計簿」
家計簿に{「日付」,「内容」,「値段」}という列を加える
家計簿に{日付=今,内容=「食費」,値段=1500}を追加する
財産データに家計簿を追加する
財産データを「dataset-schema.xsd」へスキーマとして保存する

【自分】へ【ファイル名】を読み込む

XMLファイルからデータセットへ読み込みます。

XMLファイルの内容をデータセットへ読み込む

データセットを作ってデータとする
データへ「dataset.xml」を読み込む

【自分】へ【ファイル名】をスキーマとして読み込む

XMLファイルからデータセットへ読み込みます。

XMLファイルのスキーマからデータセットを作る

データセットを作ってデータとする
データへ「dataset.xsd」をスキーマとして読み込む

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
名前 文字列 表の名前
一覧 文字列の配列 表の名前の一覧
表一覧 データ表の配列 データ表の一覧
テーブル数 整数 データセットにある表の数
名前 文字列 データセットの名前
名前空間 文字列 XMLの名前空間
接頭詞 文字列 名前空間に別名を付けるXMLプリフィックス
元実体 ネット物 ドットネット型のオブジェクトを返します。
クラスインスタンス

記号の意味

サンプルコード

データセットをXMLに記録する

データセットに複数のテーブルの情報をXMLとして格納しておきます。実行する度に行が追加されて保存されます。

データセットを作って財産データとする
財産データの名前は、「財産データ」
データ表を作って家計簿とする
家計簿の名前は、「家計簿」
家計簿に{「日付」,「内容」,「値段」}という列を加える
財産データに家計簿を追加する
もし「dataset.xml」というファイルが存在するなら
財産データへ「dataset.xml」を読み込む
財産データから「家計簿」を得て家計簿とする
もし終わり
家計簿に{日付=今,内容=「食費」,値段=[(10~200)の乱数*10]}を追加する
財産データを「dataset.xml」へ保存する

ページ先頭へ