データ表のフィルタ式

データ表の「選択する」手順は、.NET FrameworkのDataTableクラスのSelect()メソッドに相当します。選択文字列として指定するフィルタ式の詳しい文法は、.NET公式ドキュメントの「Expression Syntax」をご参照下さい。

定数

 

識別子

 

演算子

論理式には、AND,OR,NOTを使えます。

(名前 = '太郎' OR 名前 = '二郎') AND 名字 = '山田'

論理式を指定するときに使える演算子です。

演算子 意味 例文
<    
>    
<=    
>=    
<>    
=    
IN    
LIKE    
     

 

算術演算子

演算子    
+    
-    
*    
/    
%    

 

 

 

ワイルドカード

ワイルドカードには、%または*が使えます。「製*品」のようにワイルドカードを単語の途中で使うことはできません。

書式 意味  
品名 LIKE '*製品*' 品名に製品が含まれる  
品名 LIKE '*製品' 品名が製品で終わる  
品名 LIKE '製品*' 品名が製品で始まる  

 

集計

 

関数名   意味
Sum(値段)   値段をすべて足した値
Avg(点数)   点数の平均値
Min(点数)   点数の最小値
Max(点数)   点数の最大値
Count(ID)   行数
StDev    
Var    
     

関数

関数名 書式 説明
CONVERT Convert(expression, type)  
LEN LEN(expression)  
ISNULL
ISNULL(expression, replacementvalue)
 
IIF IIF(expr, truepart, falsepart)  
TRIM TRIM(expression)  
SUBSTRING SUBSTRING(expression, start, length)  

 

ページ先頭へ