XML要素

概要

「XML要素」は、XMLの要素を操作するための部品です。

生成可能

必要プラグイン

データベース機能(Produire.Data.dll)

関連ページ

 

作成する方法

この種類は、作成する必要はありません。

 

手順

【自分】へ〈【値】で〉【名前】という、要素を作るXML要素

要素を作って加えます。

【自分】へ〈【値】で〉【名前】という、属性を作るXML属性

属性を作って加えます。

【自分】から【名前】という【種別】を、取得する

要素から【名前】と一致する属性または要素を取得します
【種別】には、属性または要素が指定できます

要素から「名前」という要素を取得する

【名前】という【値】を【種別】へ、設定する

要素から【名前】と一致する属性または要素を取得します
【種別】には、属性または要素が指定できます

【自分】へ【名前】という【内容】で、プロセッサ処理を加えるXMLプロセッサ処理

プロセッサ処理を作成して、XML文章に加える。

【自分】へ【内容】で、コメントを加えるXMLコメント要素

コメントを作成して、XML文章に加える。

【自分】へ【内容】で、データセクションを加えるXMLデータセクション要素

データセクションを作成して、XML文章に加える。

【自分】へ【内容】で、空白を加えるXML空白要素

空白要素を作成して、XML文章に加える。

【自分】へ【内容】で、テキストを加えるXMLテキスト

テキスト要素を作成して、XML文章に加える。

【自分】をクリアする

この要素にあるすべての項目(XML属性またはXML要素)を削除します。

【名前】という【値】を【種別】へ、属性をクリアする

この要素から属性をすべて削除します

【自分】から【項目】を消す

この要素から項目(XML属性またはXML要素)を削除します

設定項目

設定項目   説明
内容 文字列 要素に含まれる内容
名前 文字列 要素の名前
XML 文字列 要素の内容をXMLで表現したもの
一覧 配列 XML要素の直下に含まれるすべてXMLノードを配列で表します
要素一覧 配列 XML要素の直下に含まれるXML要素のみを配列で表します
属性一覧 配列 XML要素の直下に含まれるXML属性のみを配列で表します
名前空間 文字列 XML文章の名前空間を表します
接頭辞 文字列 XML文章の接頭辞(プリフィックス)を表します
元実体 ネット物 ドットネット型のオブジェクトを返します。
XmlElementクラスインスタンス

記号の意味

サンプルコード

XML種類のサンプルコードをご覧ください。 

ページ先頭へ