XMLプロセッサ処理

概要

「XMLプロセッサ処理」は、XMLの処理命令を表現する部品です。

生成可能

必要プラグイン

データ機能(Produire.Data.dll)

関連ページ

 

作成する方法

この種類は、作成する必要はありません。

 

設定項目

設定項目   説明
内容   属性が持つ値
名前   属性の名前
元実体 ネット物 ドットネット型のオブジェクトを返します。
クラスインスタンス

記号の意味

サンプルコード

XMLスタイルシートを適用するXMLを生成する

XMLスタイルシート(XSL)を適用するためのプロセッサ処理を含むXML文章を作成します。

XML文章を作って、【RSS文章】とする
RSS文章へ「xml-stylesheet」という「href="style.xsl" type="text/xsl"」でプロセッサ処理を加える

RSS文章へ「rss」という要素を作って【RSS要素】とする
RSS要素へ「version」という属性を作って【バージョン属性】とする
バージョン属性の内容は、「2.0」

「channel」という要素をRSS要素へ作って【チャンネル要素】とする

「結果.xml」にRSS文章を保存する

ページ先頭へ