メディアを扱う

Windowsで設定されている効果音を鳴らしたい

コントロールパネルの「サウンド」プロパティで設定されている効果音を鳴らすこともできます。

問い合わせ音を鳴らす
エラー音を鳴らす

 

WAVEファイルの再生

効果音としてWAVEファイルを再生する場合には、「効果音」種類を使います。

効果音ファイルは、「[ウィンドウズフォルダ]media\tada.wav」
効果音ファイルを繰り返して再生する
6秒待つ
効果音を停止する

 

MCIとは

MCI(Media Control Interface)とは、Windowsでメディアファイル(WAVEやMP3、CD、MIDIなど)を再生するための機能を提供します。

プロデルでは、MCIを利用するための「メディア制御」種類があります。

 

MCIコマンド文字列

MCIコマンド文字列は、対象となるファイルやデバイスによって、いろいろなものが用意されています。

[エイリアス]とは、対象となるファイル・デバイスを表す仮の名前です。
openコマンドを利用したときに、指定できます。

再生するファイルや周辺機器によっては、サポートされていないものもあります。

 

MCIコマンド文字列の利用例

「再生」手順を使わずにWAVEファイルを再生する

MCIコマンドを利用して、WAVEファイルを再生する例です。

ーーWAVEファイルを開く
「open [ウィンドウズフォルダ]media\chord.wav alias WAVE」をメディア制御へ命令する

ーー再生する
「play WAVE」をメディア制御へ命令する

1秒待つ

ーー停止する
「stop WAVE」をメディア制御へ命令する

ーー閉じる
「close WAVE」をメディア制御へ命令する

 

WAVEファイルへ録音する

MCIコマンドを利用して、WAVEファイルに録音する例です。

※Windows Media Playerで開くことができない場合は、サウンドレコーダで試してみてください。

ーーWAVE録音の準備
「open new type waveaudio alias WAVE」をメディア制御へ命令する
ーー録音開始
「record WAVE」をメディア制御へ命令する

ーー停止
「stop WAVE」をメディア制御へ命令する
ーー保存する
「save WAVE "C:\Test.wav"」をメディア制御へ命令する
ーーファイルを閉じる
「close WAVE」をメディア制御へ命令する

 

CDドライブを開く

「set cdaudio door open」をメディア制御へ命令する

音楽を奏でよう

プロデルでは、「メロディ」種類を通じて、MIDI音源を利用してドレミで音楽を演奏できます。

まずは、実際に音楽を鳴らしてみましょう。

「ド4レ4ミ4ファ4ソ4ラ8シ8>ド2」を演奏する

メロディの書き方については、「メロディ」種類で説明しています。

ページ先頭へ