概要

「HTTP」種類は、HTTPを使って、ウェブサイトからページやファイルをダウンロードできます。

静的種類

必要プラグイン

ネットワーク機能

作成する方法

静的種類であるため、オブジェクトを作ることはできません。

手順

【自分】で【アドレス】を〈【ヘッダ:辞書】にて〉〈【文字コード】として〉取得する:文字列

指定した【アドレス】の内容をGET形式でサーバへ問い合わせます。
【文字コード】には、取得する内容の文字コードを指定します。
省略すると、文字コードを自動判別します。

なお、ログインなど認証が必要なページでは、ログインしていない状態のページが取得される場合があります。

GET形式でHTMLを取得する

「https://www.yahoo.co.jp/」をHTTPで取得して内容とする
内容を報告する

【自分】で【アドレス】へ【パラメータ:辞書】を〈【ヘッダ:辞書】にて〉〈【文字コード】として〉送信する:文字列

指定した【アドレス】に対して【パラメータ】を引数にしてPOST形式で送ります。
【文字コード】には、送受信に使用する文字コードを指定します。
省略すると、文字コードを自動判別します。

POST形式で送信する

パラメータ(「search」)は、「プロデル」
「https://rdr.utopiat.net/cgi/post.php」へパラメータをHTTPで送信して内容とする
内容を報告する

サーバへの要求にヘッダ情報を指定する場合は、【ヘッダ】を指定します。

ヘッダ情報を指定して送信する

パラメータは、辞書を作ったもの
ヘッダ(「User-Agent」)は、「Produire Ver.1.0」
内容は、「https://rdr.utopiat.net/cgi/getheader.php?key=User-Agent」へパラメータをHTTPでヘッダにて送信する
内容を報告する

保護あり保護機能の有効時は、この手順が実行できません

【自分】で【アドレス】へ【データ:バイナリデータ】を〈【ヘッダ:辞書】にて〉送信する:バイナリデータ

指定した【アドレス】に対してデータをPOST形式で送ります。
【ヘッダ】には、追加で指定するヘッダ情報を指定します。

フォーム値を POST形式で要求する

パラメータは、辞書を作ったもの
パラメータ(「name」)は、「太郎」
内容は、「https://rdr.utopiat.net/cgi/getheader.php?key=User-Agent」へパラメータをHTTPで送信する
内容を報告する

【自分】で【アドレス】を【ファイル名】へ〈【ヘッダ:辞書】にて〉〈【進捗対象:プログレスバー】しながら〉ダウンロードする

指定した【アドレス】からファイルをダウンロードして、【ファイル名】に保存します。
【ヘッダ】には、追加で指定するヘッダ情報を指定します。
【進捗対象】には、ダウンロード状態を表示するプログレスバーを指定します。

なお、ログインなど認証が必要なページでは、アドレスを指定しただけでは、適切にダウンロードできない場合があります。

ファイルをダウンロードする

「https://rdr.utopiat.net/img/produire-title.gif」を「[デスクトップ]produire-title.gif」へHTTPでダウンロードする
「ダウンロードしました」を情報アイコンで表示する

【自分】で【アドレス】へ【パラメータ】を〈【ヘッダ:辞書】にて〉〈【文字コード】として〉アップロードする:文字列

指定した【アドレス】へファイルや値をアップロードします。

【パラメータ】には、アップロードするファイルや値を指定します。
パラメータは、辞書形式で指定します。辞書の見出しの先頭に@を付けると、その値に指定された場所にあるファイルをアップロードします。

ファイルをアップロードする

パラメータ(「@upfile」)は、「image.png」
内容は、「https://xxxxxx/upload.php」へパラメータをHTTPでアップロードする
内容を報告する

【自分】で【アドレス】へ【パラメータ】を〈【ヘッダ:辞書】にて〉〈【文字コード】として〉要求するHTTP応答

指定した【アドレス】へファイルや値をアップロードします。

【パラメータ】には、アップロードするファイルや値を指定します。
パラメータは、辞書形式で指定します。辞書の見出しの先頭に@を付けると、その値に指定された場所にあるファイルをアップロードします。

HTTP要求でHTMLを取得する

HTTP要求を作って要求内容とする
要求内容のUserAgentは、「Mozilla/5.0」
要求内容にて「https://www.yahoo.co.jp/」をHTTPで要求して応答内容とする
応答内容のヘッダのすべての要素についてそれぞれ繰り返す
	要素のキー&「=」&要素の内容を報告する
繰り返し終わり
応答内容の本文を報告する

設定項目

設定項目   説明
文字コード エンコードHTTP通信で文字列として使用する文字コード
ステータスコード 整数直前に実行した手順のHTTPステータスコードを取得します
ユーザ名 文字列BASIC/Digest認証を要求された時に使用するユーザ名
パスワード 文字列BASIC/Digest認証を要求された時に使用するパスワード

サンプルコード

ウェブサイトからページの内容を取得する

指定したインターネットアドレスからHTMLを取得するには、「取得する」手順を使います。

書式

HTTPで《アドレス》を取得する

《アドレス》には、内容を取得するアドレスを書きます。
実行結果として、アドレスから取得された内容がテキスト形式で表されます。

例文 指定したアドレスからHTMLを取得する

内容は、HTTPで「https://www.yahoo.co.jp/」を取得したもの
内容を表示する

ウェブサイトからファイルをダウンロードする

指定したインターネットアドレスからファイルをダウンロードするには、「ダウンロード」手順を使います。

書式

HTTPで《アドレス》《保存先のファイル名》へダウンロードする

《アドレス》には、取得するファイルがあるアドレスを書きます。
《保存先のファイル名》には、ダウンロードしたファイルを保存するフォルダとファイル名を書きます。

例文 指定したアドレスからファイルをダウンロードする

HTTPで「https://rdr.utopiat.net/img/produire-title.gif」を「[デスクトップ]produire-title.gif」へダウンロードする
「ダウンロードしました」を情報で表示する

ページ先頭へ