TCPIPサーバ

概要

TCPクライアントからの接続を受け付け、クライアントと通信するための種類です。

生成可能保護あり

必要プラグイン

ネットワーク機能

作成する方法

【名前】というTCPIPサーバを作る

手順

【自分】を起動する

クライアントからの接続要求待ちを開始します。
クライアントからの接続要求があると、「受信した」イベント手順が実行されます

【自分】を停止する

接続待ちを終了します

【自分】に受信させる文字列

クライアントからの接続要求を待ち、クライアントから送られてきたデータを受信して、
テキスト形式でその内容を表します。
データを受信すると、この手順は終了します

設定項目

設定項目 種類   説明
ポート番号 整数 接続を受け付けるポート番号
待機中 真偽値 サーバが起動中かどうか

記号の意味

実行される手順

手順名 説明 情報
受信した クライアントから接続要求を受けた時 あり

 

サンプルコード

特定のTCPポートでメッセージを受信する

サーバを起動して、ポート5000番でクライアントからの要求を受け付けます。

画面表示する
サーバというTCPIPサーバを作る
サーバのポート番号は、5000
サーバの受信した時の手順は、サーバ受信する
サーバを起動する
待機する

サーバ受信する手順
 	クライアントをこの時のクライアントとする
 	出力欄に「[クライアントの相手先アドレス]から接続要求がありました[改行]」を挿入する
 	出力欄にクライアントの受信テキストを挿入する
 	出力欄に改行を挿入する
 	クライアントの受信した時の手順は、クライアント受信する
終わり

クライアント受信する手順
 	出力欄にこの時の受信テキストを挿入する
 	出力欄に改行を挿入する
終わり

画面表示する手順
 	窓というウィンドウを作る
 	そのタイトルを「TCP/IP通信サーバ」に変える
 	出力欄という文章テキストを窓に作る
 	そのドッキング方向を全体に変える
 	そのフォント名を「MS ゴシック」に変える
 	その文字サイズを14に変える
 	窓の閉じた時の手順は、閉じたとき
 	窓を表示する
終わり

閉じたときの手順
 	サーバを停止する
終わり

クライアントから要求を受けると「受信した時」のイベント手順が実行されます。この例では、クライアントから要求があったときに「サーバ受信する」手順が実行されます。このときに「この時のクライアント」からクライアントを制御するための「TCPIPクライアント」種類のオブジェクトが取得できます。クライアンからのメッセージを受け取ったり、返信したりするときは、このクライアントを使います。

チャットプログラムにするための応用方法

このチャットプログラムでは、1対1の通信しかできませんが、サーバが要求を受けたクライアントを記憶しておき、一つのクライアントからメッセージを受けたときに全クライアントに同じメッセージを配信するようにすることで、ちょっとしてチャットプログラムを作ることができます。

 

ページ先頭へ