エクセル

概要

Microsoft Excelを操作するためのオブジェクトです。

ワークシートの読み込みやセルへの値の代入・取得や、配色などの書式設定などの操作できます。

静的種類

必要なプラグイン・ソフトウェア

  • Microsoft Office操作機能(Produire.Office.dll
  • Microsoft Excel (デスクトップ版のみ)

手順

【自分】をプレビューする

現在選択しているブックの内容を印刷見本を表示します

エクセルをプレビューする

【自分】にある【関数名】を【引数】でマクロ実行する

ブックに含まれるマクロを実行します

【自分】をリンクする

すでに起動しているエクセルとリンクして、プロデルから利用できるようにします。

【自分】を印刷する

現在選択しているブックの内容を印刷します

エクセルを印刷する

【自分】で【ファイル名】を開く

ブック(xlsまたはxlsx,xlsm)を開きます

エクセルで「名簿.xlsx」を開く

【自分】を起動する

Excelを起動します。

【自分】が起動中かどうか

エクセルが現在起動しているかどうかを表します

【自分】を強制終了する

保存確認せずにExcelを終了します

【自分】を終了する

Excelを終了します

【自分】へ新しいワークブックを作成する:ブック

新しいブックを作成します。

【自分】へブックを追加する:ブック

新しいブックを作成します。

【自分】へ新しいワークシートを作成する:シート

現在開いているブックに新しいシートを作成します。

【自分】へシートを追加する:シート

現在開いているブックに新しいシートを作成します。

【範囲】を範囲選択する

現在選択しているシートの特定の範囲を選択状態にします

【自分】を非表示する

エクセルの画面を隠します

【自分】を表示する

エクセルの画面を表示します

【自分】を〈【ファイル名】へ〉保存する

現在選択しているブックの内容を保存します。
[ファイル名]を省略すると、上書き保存されます。

【自分】を【ファイル名】へPDFで保存する

現在選択しているブックをPDF形式で保存します。
この手順は、Office 2007以降で利用できます。

エクセルを「計画書.pdf」へPDFで保存する

【自分】を【ファイル名】へXPSで保存する

現在選択しているブックをXPS形式で保存します。
この手順は、Office 2007以降で利用できます。

エクセルを「計画書.xps」にXPSで保存する

【自分】を上書き保存する

現在選択しているブックの内容を警告メッセージなしに上書き保存します。

設定項目

次の設定項目を利用できます。

設定項目   説明
バージョン 文字列 エクセルのバージョン情報を表します
ファイル名 文字列 現在選択しているブックのファイル名を表します
プラグインのバージョン 文字列 Office連携プラグインのバージョン情報を表します
ワークシート 文字列 現在選択しているシート名
ワークブック 文字列 現在選択しているブック名
ワークブック一覧   現在開いているブックの一覧を表します
ワークブック数 整数 現在開いているブックの数を表します
起動中 真偽 エクセルが現在起動しているかどうかを表します
現在シート シート 現在選択しているシートを表します
現在ブック ブック 現在選択しているブックを表します
現在操作中のブック(ActiveWorkbook)を表します。
表示状態 真偽 エクセルが画面に表示されているかどうかを表します
警告表示 真偽 エクセルの警告やメッセージを表示するかどうか(既定値は○)
元実体 ネット物 管理型のオブジェクトを返します。VBAと同様のメソッド・プロパティにアクセスできます。

サンプルコード

Excelと連携するサンプルは、Microsoft Excelを制御するをご覧下さい。

自動的にエクセルでワークシートを作成する

エクセルを起動する
エクセルへブックを追加する

操作シートは、エクセルの現在シート

ーーセルへ入力、書式の変更
操作セルは、(操作シート:セル(「D2」))
操作セルの内容を「サークル名簿」に変える
操作セルの太字を○に変える
操作セルのフォントサイズを16に変える

ーー見出しの入力と幅の調整
見出しは、{「番号」,「名前」,「電話」,「メール」,「住所」}
セル幅は、{5,10,15,20,30}
(見出しの個数)回、1から数にカウントして繰り返す
	操作セルは、(操作シート:セル({4,数+1}))
	操作セルの内容を見出し(数)に変える
	操作セルの幅をセル幅(数)に変える
繰り返し終わり

ーー番号を振る
6回、1から数にカウントして繰り返す
	操作セルは、(操作シート:セル({数+4,2}))
	操作セルの内容を数に変える
繰り返し終わり

ーー罫線の作成
(操作シート:セル(「A1」))の幅を、1に変える

操作セルは、(操作シート:セル(「B4:F4」))
操作セルの罫線の形を四角に変える
操作セルの罫線の太さを3に変える
操作セルの罫線の形を中枠に変える

操作セルは、(操作シート:セル(「B5:F10」))
操作セルの罫線の形を四角に変える
操作セルの罫線のスタイルを実線に変える
操作セルの罫線の太さを3に変える
操作セルの罫線の形を中枠に変える

ーー背景色や文字色の指定
操作シートの範囲選択を「B4:F4」に変える
操作シートの選択の背景色を黄緑に変える
操作シートの選択の文字色を白に変える
操作シートの選択の太字を○に変える
操作シートの選択の文字配置を中央に変える

操作シートの範囲選択を「C5」に変える

エクセルの現在ブックを「[プログラムのフォルダ]テスト.xlsx」に保存する

エクセルの現在ブックを閉じる
もしエクセルのワークブック一覧の個数が0なら、エクセルを終了する

 

ページ先頭へ