利用プラグイン・ソフトウェア

関連ページ

Microsoft Wordと連携して簡単な操作できます。

Word関連機能の使い方については、マニュアルの機能編やサンプルプログラム(お仕事支援→Office)をご覧ください。
「ワード」種類は、文章やアプリケーション本体などに分類されています。

作成する方法

この種類は、静的種類のため作成する必要はありません。

 

手順

【自分】にある【関数名】を〈【引数】で〉マクロ実行する

文章に含まれるマクロを実行します

自分をリンクする

すでに起動しているワードとリンクして、プロデルから利用できるようにします。

自分で【ファイル名】を開く:文章

指定したファイルを開きます

自分を起動する

Wordを起動します

【自分】が起動中かどうか

ワードが起動しているかどうか

自分を強制終了する

保存確認せずにWordを終了します

自分を終了する

Wordを終了します

自分へ新規文書を作成する:文章

新しい文章を追加します

ワードへ新規文書を作成する

【自分】に文章を追加する:文章

新しい文章を追加します

自分を〈【ファイル名】へ〉保存する

現在操作している文章を保存します。
[ファイル名]を省略すると、上書き保存されます。

自分を【ファイル名】へPDFで保存する

操作している文章をPDF形式で保存します。
この手順は、Office 2007以降で利用できます。

ブックをPDF形式で保存する

ワードを「計画書.pdf」へPDFで保存する

自分を【ファイル名】へXPSで保存する

操作している文章をXPS形式で保存します。
この手順は、Office 2007以降で利用できます。

ブックをXPS形式で保存する

ワードを「計画書.xps」にXPSで保存する

設定項目

設定項目   説明
バージョン 文字列 Microsoft Wordのバージョン
ファイル名 文字列 現在開いている文章のファイル名
プラグインのバージョン 文字列 プラグインのバージョン
起動中 真偽 ワードが起動しているかどうか
現在文章   現在選択している文章
選択   現在選択している範囲を表すワード選択範囲を表します。
文章一覧   現在開いている文章の一覧
警告表示 真偽 ワードの警告やメッセージを表示するかどうか(既定値は○)
元実体 ネット物 管理型のオブジェクトを返します。VBAと同様のメソッド・プロパティにアクセスできます。

サンプルコード

Microsoft Wordとの連携機能のサンプルは、Microsoft Wordを制御するをご覧下さい。

 

ページ先頭へ