概要

Microsoft Excelのブックを操作するための種類です。
シートの追加・削除や、ブック単位での印刷やマクロ実行などが可能です。

ブックとは、Excelのファイル一つ一つのことを表しています。
つまり、Excelのファイルを開くと1つのブックが表示されます。
ブックには、複数のシートが含まれています。

ブックの切り替え

ブックは、ファイルの名前か開いた順番の番号で指定できます。

エクセルのワークブックを【ブック名または番号】に変える

番号で指定する場合は、はじめに開いたブックを1とします。
「エクセル」の「ワークブック一覧」設定項目の一覧と対応しています。

 

手順

次の手順を利用できます。

【自分】をプレビューする

ブックのプレビューを表示します

【自分】にある【関数名】を〈【引数】で〉マクロ実行する

ブックに含まれるマクロを実行します
他のブックのマクロを実行する場合、下記参照

【自分】を印刷する

ブックを印刷します

【シート名】を選択する

ワークシートを選択します

【自分】にシートを追加する:シート

現在のブックにシートを追加します

【自分】を閉じる

ブックを閉じます

【自分】を〈【ファイル名】へ〉保存する

ブックを指定したファイル名で保存します。
[ファイル名]を省略すると、上書き保存されます。

ーーブックの保存する
エクセルの現在ブックを「計画表.xls」に保存する

【自分】を【ファイル名】へPDFで保存する

文章をPDF形式で保存します。
この手順は、Office 2007以降で利用できます。

エクセルの現在ブックを「計画表.pdf」へPDFで保存する

 

【自分】を【ファイル名】へXPSで保存する

文章をXPS形式で保存します。
この手順は、Office 2007以降で利用できます。

エクセルの現在ブックを「計画表.xps」にXPSで保存する

設定項目

書式

【自分】の【設定項目】を【内容】に変える

次の設定項目を利用できます。

設定項目   説明
ファイル名 文字列 ブックのファイル名
ワークシート一覧   ブックに含まれているシートの一覧
ワークシート数 整数 ブックに含まれているシートの数
先頭シート シート ブックの先頭にあるシート
末尾シート シート ブックの末尾にあるシート
元実体 ネット物 管理型のオブジェクトを返します。VBAと同様のメソッド・プロパティにアクセスできます。

サンプルコード

マクロの実行

「マクロ実行」手順で、プロデルからExcel上で作成したマクロ(VBA)を呼び出すことができます。

エクセルの現在ブックにある「TestMacro」をマクロ実行する

引数を持つ関数の実行

次のような定義のマクロを実行します。
Sub TestMacro2(Value As String, Title As String)

「マクロ実行」手順の【引数】には、配列形式で書きます。

エクセルにある 「TestMacro2」を{「Hello」,「Message」}でマクロ実行する

別シートに定義したマクロの実行

Sheet1に定義したTestMacroというマクロを実行します。

エクセルの現在ブックにある「Sheet1.TestMacro」をマクロ実行する

他のブックのマクロの実行

計画表.xlsmというブックのTestMacroというマクロを実行します。

エクセルで「計画表.xlsm」を開く
エクセルにある「計画表.xlsm!TestMacro」をマクロ実行する

 

ページ先頭へ