仮想機械局所変数

概要

MSIL上のローカル変数を表します。

必要なプラグイン

MSIL生成機能(Produire.MSIL.dll)

手順

設定項目

設定項目   説明
番号 整数 局所変数の番号(0からはじまります)

サンプルコード

局所変数を定義して値を計算し、コンソールへ表示するプログラムです。

アセンブリ名は、「テスト.exe」
中間コード生成機でアセンブリ名を作ってプログラム本体とする
プログラム本体へ「メインクラス」というクラスを作ってメインクラスとする
メインクラスへ「main」という静的メソッドを作って、メインメソッドとする

整数であるメインメソッドへ変数を作って変数Aとする
//A=1
整数定数として1をメインメソッドへ書き込む
メインメソッドに対して変数Aへ変数書き込み命令を書き込む

//A=A+2
メインメソッドへ変数Aから変数読み込み命令を書き込む
整数定数として2をメインメソッドへ書き込む
加算命令をメインメソッドへ書き込む
メインメソッドに対して変数Aへ変数書き込み命令を書き込む

メインメソッドへ変数Aから変数参照命令を書き込む
整数文字列化をメインメソッドへ書き込む
メッセージ表示をメインメソッドへ書き込む

メインメソッドへポップ命令を書き込む
メインメソッドへ終了命令を書き込む
プログラム本体の開始メソッドは、メインメソッド
メインクラスを完成させる

プログラム本体を(プログラムのフォルダ)&アセンブリ名へ保存する

 

ページ先頭へ