ゲームパッド

利用プラグイン

ゲームパッド機能 (Produire.GamePad.dll)

「ゲームパッド」は、ジョイスティックやゲームパッドなどからの入力を受け付ける種類です。

作成する方法

「ゲームデバイス」種類を使って生成します。

手順

【自分】を更新する

ゲームパッドの情報を更新します

設定項目

設定項目   説明
名前 文字列 ゲームパッドの名称
番号 整数 ゲームパッドのID
有効 真偽 ゲームパッドが接続されて利用できる状態かどうか
ドライバ名 文字列 ゲームパッドのドライバ明
レジストリキー 文字列 レジストリに記録するキー
最大ボタン数 整数 ゲームパッドが対応しているボタンの数を表します
最大軸数 整数 ゲームパッドが対応している軸の数を表します
ボタン数 整数 ゲームパッドにあるボタンの個数
軸数 整数 ゲームパッドの軸の数
軸最大値 整数 軸の最大値を指定します
ハットスイッチ角度 整数 ハットスイッチが押されている方向を角度で表します
押されていない場合は、-1を表します
X軸 整数 X軸方向の値 (0~軸最大値)
Y軸 整数 Y軸方向の値 (0~軸最大値)
Z軸 整数 Z軸方向の値 (0~軸最大値)
U軸 整数 U軸方向の値 (0~軸最大値)
V軸 整数 V軸方向の値 (0~軸最大値)
R軸 整数 R軸方向の値 (0~軸最大値)
ボタン一覧 整数配列 すべてのボタンについてボタンが押されているかどうかを配列で表します
第1ボタン 真偽 1番目のボタンが押されているかどうか
第2ボタン 真偽 2番目のボタンが押されているかどうか
第3ボタン 真偽 3番目のボタンが押されているかどうか
第4ボタン 真偽 4番目のボタンが押されているかどうか
第5ボタン 真偽 5番目のボタンが押されているかどうか
第6ボタン 真偽 6番目のボタンが押されているかどうか
第7ボタン 真偽 7番目のボタンが押されているかどうか
第8ボタン 真偽 8番目のボタンが押されているかどうか

記号の意味

サンプルコード

ゲームパッドからボタンを受け取る

USB接続した3軸8ボタンのゲームパッドの情報を取得します。

// ゲームパッドの情報の取得 //
もしゲームデバイスの個数が0なら
	「ジョイステックまたはゲームコントローラがインストールされていません。」を警告アイコンで表示する
	終了する
もし終わり
メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
	ウィンドウを継承する

	はじめの手順
		初期化する
		ゲームデバイスの一覧のすべてのパッドについてそれぞれ繰り返す
			選択リスト1へ「([パッドの番号])[パッドの名前]」を加える
		繰り返し終わり
		ゲームデバイスから0を取得して、選択パッドとする
		ボタン円配列は、{}
		数を1から8まで増やしながら繰り返す
			キャンバス1へ円を描くして、ボタン円配列(数)とする
				その位置と大きさは、{数*30,50,20,20}
				その線色を赤に変える
				その太さを3に変える
				その背景色を白に変える
		繰り返し終わり
		キャンバス1へ四角形を描くして、軸枠とする
			その位置と大きさは、{18,148,104,104}
		キャンバス1へ円を描くして、軸点とする
			その位置と大きさは、{60,170,3,3}
			その線色を赤に変える
			その太さを3に変える
			その背景色を白に変える

		キャンバス1へ円を描く
			その位置と大きさは、{150,150,100,100}
		キャンバス1へ線を描くして、ハット線とする
			その始点は、{200,200}
			その終点は、{200,200}
			その線色を赤に変える
			その太さを3に変える
		キャンバス1を更新する
		タイマー1というタイマーを作る
		タイマー1の時間になった時の手順は、時間になった
		タイマー1の"間隔"を100に変える
		タイマー1を開始する
	終わり

	初期化する手順
		この実質大きさを{284,274}に変える
		この内容を「ゲームパッドのテスト」に変える
		この位置と大きさを{15,15,300,312}に変える
		選択リスト1という選択リストを作る
			その入力可能を×に変える
			その移動順を3に変える
			その位置と大きさを{35,12,221,20}に変える
		プログレスバー1というプログレスバーを作る
			その移動順を1に変える
			その位置と大きさを{35,93,221,23}に変える
		キャンバス1というキャンバスを作る
			その移動順を2に変える
			その位置と大きさを{0,0,284,274}に変える
			そのドッキング方向を「全体」に変える
		この設計スケール比率を{96,96}に変える
	終わり
	時間になった手順
		選択パッドを更新する

		ボタン状態一覧は、選択パッドのボタン一覧
		数を1から8まで増やしながら繰り返す
			もしボタン状態一覧(数)が○なら、ボタン円配列(数)の背景色を赤に変える。そうでなければ、ボタン円配列(数)の背景色を白に変える。
		繰り返し終わり

		軸点の位置は、{20+選択パッドのX軸、150+選択パッドのY軸}

		プログレスバー1の値は、選択パッドのZ軸

		もし選択パッドのハットスイッチ角度が-1なら
			ハット線の終点は、{200,200}
		そうでなければ
			ハット線の終点は、{200+コサイン(選択パッドのハットスイッチ角度-90)*50,200+サイン(選択パッドのハットスイッチ角度-90)*50}
		もし終わり
		キャンバス1を更新する
	終わり

	選択リスト1が選択された時の手順
		ゲームデバイスから(選択リスト1の番号)を取得して、選択パッドとする
		もし選択パッドの有効でないなら
			「このデバイスは、利用できません」を警告メッセージで表示する
		もし終わり
	終わり

終わり

 

ページ先頭へ