ファイル関連付け

概要

ファイルの関連付けを管理するための種類です。

静的種類保護あり

必要プラグイン

システム情報取得

 

手順

【拡張子】という【自分】を取得する:ファイル関連付け情報

指定した拡張子に対応付けられたファイル関連付け情報を取得します。

関連付けは、「rdr」というファイル関連付けを取得する
関連付けのアイコンを報告する
関連付けのアイコン番号を報告する
関連付けの説明を報告する
関連付けのコマンドラインを報告する

【拡張子】という【自分】を作成する:ファイル関連付け情報

指定した拡張子に対応付けられたファイル関連付け情報を作成します。

注意 この手順を実行するには、プログラムが管理者権限を持って起動している必要があります。

【拡張子】という【自分】を削除する

指定した拡張子の関連付けを削除します。

注意 この手順を実行するには、プログラムが管理者権限を持って起動している必要があります。

「neo」というファイル関連付けを削除する

【拡張子】という【自分】が存在する:真偽値

指定した拡張子が存在するかどうか確認します。

もし「neo」というファイル関連付けが存在するなら
	「登録済みです。」を表示する
もし終わり

【自分】を反映する

ファイルの関連付けが変更されたことをWindowsへ通知します。
反映するまで一部の情報が反映されないことがあります。

ファイル関連付けを反映する

サンプルコード

ファイルを関連付ける

.neoという拡張子のファイルに関連付けします。

「neo」というファイル関連付けを作成して、関連とする
関連の説明は、「ねおファイル」
関連のコマンドラインは、「"C:\Program Files\Produire\Designer.exe" %1」
関連のアイコンは、「shell32.dll」
関連のアイコン番号は、20
関連を登録する
ファイル関連付けを反映する

ページ先頭へ