WMIオブジェクト

概要

「WMI」種類で取得したWMIの情報を保持するオブジェクトです。

必要なプラグイン

システム情報取得

 

手順

【自分】から【キー:文字列】を取得する

指定したキーの値を取得します

【自分】にて【メソッド名】を【引数:辞書】で実行する:辞書

指定したWMIオブジェクトでクラスのメソッドを呼び出します。

設定項目

設定項目   説明
キー一覧 文字列配列 キーの一覧を返します

サンプルコード

WMIでCPUのクロック周波数を取得する

WMIを使ってCPUのクロック周波数を取得します。

メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
	ウィンドウを継承する
	はじめの手順
		初期化する
		ーー貼り付けた部品に対する操作をここに書きます
		タイマー1というタイマーを作る
		タイマー1の時間になった時の手順は、時間になった
		タイマー1の"間隔"を1000に変える
		タイマー1を開始する
		(WMIから「SELECT * FROM Win32_Processor」で取得)して結果リストとする
		結果リストのすべてのオブジェクトについてそれぞれ繰り返す
			ラベル2の内容は、「[オブジェクトから「Name」を取得したもの][改行]最大周波数:[オブジェクトから「MaxClockSpeed」を取得したもの]MHz」
			繰り返しから抜け出す
		繰り返し終わり
	終わり
	初期化する手順
		この実質大きさを{284,96}に変える
		この内容を「CPUクロック数の取得」に変える
		ラベル2というラベルを作る
			その位置と大きさを{23,63,39,12}に変える
			その内容を「ラベル2」に変える
			その移動順を1に変える
		ラベル1というラベルを作る
			その位置と大きさを{23,20,79,24}に変える
			その内容を「ラベル1」に変える
			そのフォントを「MS UI Gothic,18」に変える
			その移動順を2に変える
		この設計スケール比率を{96,96}に変える
	終わり
	時間になった手順
		(WMIから「SELECT * FROM Win32_Processor」で取得)して結果リストとする
		結果リストのすべてのオブジェクトについてそれぞれ繰り返す
			ラベル1の内容は、オブジェクトから「CurrentClockSpeed」を取得したもの&「MHz」
			繰り返しから抜け出す
		繰り返し終わり
	終わり
終わり

ページ先頭へ