「入力する」手順のキー表記の文法

入力する内容の書き方

「入力する」手順またはプロセスの「入力する」手順は、キーボード入力を再現して指定した内容を自動的に入力します。

アルファベットや全角文字は、そのまま指定することができます。
特殊なキーとの組み合わせて入力させるには、特別な書き方があります。
このページでは、特別な書き方について説明します。

Ctrlキー、Altキー、Shiftキーの組み合わせ

他のアプリケーションのメニューやボタンを操作する際のために、Ctrl,Alt,Shiftの組み合わせを表現することができます。

//Ctrl+C
「^C」を入力する
//Alt+F
「%F」を入力する
//Shift+↓
+{DOWN}

特殊なキー

「+」、「^」、「%」、「~」、「(」、「)」には特別な意味があるため、文字を中かっこ ({ }) で囲んで指定してください。

例文

「ABC{Enter}」を入力する

特別なキー(エンターやバックスペースなど)は、下記の「特殊キーの一覧」をご覧ください。
この特殊キーは、必ず半角である必要があります。

Clear、ショートカットメニュー、無変換、漢字、左右のWindowsキーは、指定できません。

特殊キーの一覧

キー 書き方
エンター {Enter}
{UP}
{DOWN}
{LEFT}
{RIGHT}
Shift +
Ctrl ^
Alt %
Esc {ESC}
Tab {TAB}
F1 {F1}
BackSpace {BS}
Delete {DELETE}/{DEL}
CapsLock {CAPSLOCK}
NumLock {NUMLOCK}
PageDown {PGDN}
PageUp {PGUP}

同じ内容を繰り返し入力する

同じキーを繰り返して入力するときは、{【キー】 【回数】}と書きます。

「{あ 10}」を入力する

同時入力

同時に複数のキーを入力するには、キーを( )で囲みます。

「(AB)」を入力する

ページ先頭へ