「これ」「自分」

「これ」または「自分」は、種類手順において、その手順が定義された種類そのものを表します。

使用例

「車」種類にある「名前」変数の内容を表示します。

次の例のように、種類変数と局所変数に同じ名前の変数がある場合、通常は局所変数が優先されますが、
「これ」または「自分」を使うことで、種類変数を指定することができます。

車をテストする

車とは
  +名前=「インサイト」

  【自分】を、テストする手順
	名前を持つ
	名前は、「車」
	名前を表示する

	自分の名前を表示する
  終わり
終わり

また次のように、種類内の手順で、「自分」を指定すると、継承された種類のオブジェクトの場合にも、それが書かれた種類を指します。

車Aという車改を作る
車Aが名前を表示する

車とは
  +名前

  [自分]を命名する手順
	名前は、「テスト車」
  終わり

  [自分]が、名前を表示する手順
	自分を命名する  //同じ種類で定義された手順(車:命名する)が呼び出されます。
	命名する  //オーバライドされた手順(車改:命名する)が呼び出されます。
	名前を報告する
  終わり
終わり

車改とは
  車を受け継ぐ

  [自分]を命名する手順
	名前は、「テスト車改」
  終わり
終わり

ページ先頭へ