配列を扱う

配列の高度な操作について説明します。

関連する種類

配列の追加と挿入

配列に最後に要素を追加するには、「追加」手順を使います。
また、配列の指定した位置に要素を追加するには、「挿入する」手順を使います。

一覧は、{「ABC」,「EEE」,「DDD」,「CCC」}
一覧の3番目へ「123」を挿入して表示する
一覧へ「456」を追加する
一覧を表示する

 

文字列から配列を作る

「配列化」手順を使うことで、文字列から配列を作ることができます。

データは、「{AAA,BBB,CCC}」を配列化
データ(1)を表示する
データ(2)を表示する
データ(3)を表示する

 

配列をファイルへ格納する

配列の要素をファイルへ保存するには、「保存する」手順を使います。

元データは、{「あああ」,「いいい」,{111,222,333}}
元データを「配列.txt」へ保存する

 

配列をファイルから読み込む

ファイルに保存されたテキストから配列を作るには、「配列化」手順を使います。
データは、「配列.txt」から読み込んで、配列化したもの
データを表示する

配列の内容をコピーする

配列を単純に別の変数に代入すると、元の配列の内容を変更した際に、代入先の配列の内容も変更されます。このような問題を防ぐには、配列の内容をコピーして置く必要があります。

配列の内容のコピーを作るには、「クローン」設定項目を使います。

元配列は、{1,2,3,4,5}
新配列は、元配列のクローン
元配列(3)は、100
「元配列:[元配列]
新配列:[新配列]」を表示する

ページ先頭へ