データ形式を扱う

CSV形式を扱う

CSV形式とは、ファイル形式の1つで、表などのデータをカンマ(,)で区切ったテキストファイルのことです。Excelで開くことができるほかに、メモ帳などで編集もできる形式のため、データベースからデータを取り出したり、Excelへデータを取り込む時などに便利なファイル形式です。

CSVファイルを作成する

CSVファイルを作成するには、「データ表」種類を使います。

出力する内容をデータ表へ登録した後、CSV形式で保存できます。

データ表を作ってデータとする
データに{「たろう」、「abc@xxx.com」、「http://www.xxx.com/」}を加える
データに{「はなこ」、「def@xxx.com」、「http://www.xxx.com/」}を加える
データを「data.csv」へ保存する

上のプログラムを実行すると下のような内容の「データ.csv」が作成されます。

たろう,abc@xxx.com,http://www.xxx.com/
はなこ,def@xxx.com,http://www.xxx.com/

CSVファイルを読み込む

CSVファイルをデータ表に読み込むことですでに保存されているデータを取得できます。

データ表を作ってデータとする
データへ「data.csv」から読み込む
 	
データの一覧のすべての【行要素】についてそれぞれ繰り返す
	行要素(1)を報告する
繰り返し終わり

 

CSVファイルのデータを処理する

では、実際にCSVファイルを読み書きするプログラムを作ってみましょう。
例えば、下の表(成績表.CSV)をエクセルなどで作成します。

名前 点数
山田次郎 56
河野雄太 82
高橋裕香 52
佐藤美里 90

 

なお、同じ内容のCSVファイルを次のプログラムで作ることが出来ます。

データ表を作ってデータとする
データに{「山田次郎」,「56」}を加える
データに{「河野雄太」,「82」}を加える
データに{「高橋裕香」,「52」}を加える
データに{「佐藤美里」,「90」}を加える
データを「成績表.CSV」へ保存する

このデータの平均点を計算するプログラムを作って見ましょう。平均値や偏差値といった計算の処理は、「繰り返す」文を使わずに専用の手順で計算できます。

CSVファイルの特定の列について集計したい場合は、「一覧で取得する」手順を使います。

データへ「成績表.CSV」から読み込む
データの2列目を一覧で取得したものの平均を「平均点」として表示する

配列を操作する手順

次の手順を使うことで、配列から計算することができます。

配列集計関連の手順一覧

[配列]の平均 配列の平均値を表します。
[配列]の合計 配列の合計値を表します。
[配列]の偏差値 配列の偏差値を表します。
[配列]の最大値 配列の要素で最大値を返します。
[配列]の最小値 配列の要素で最小値を返します。

XMLとは

XMLとは、文字やデータを読み書きするための形式の一つで、文字やデータを階層的に持つことができます。XMLは、RSSなど幅広く使われています。

XMLファイルを作成するには、「XML」種類を使います。「XML」種類では、XMLファイルの読み込みと書き込みが可能です。

XML文章を作る

XMLファイルを作成するには、「XML文章」種類を使います。
XML種類を作るには、次のように書きます。

XMLデータは、XML文章を作ったもの

要素を加える

XML文章には、XML要素を入れることができます。
XML文章に、XML要素を加えるには、「XML文章」種類の「作る」手順を使います。

書式

《加える先のXML文章》《要素名》という要素を作る

【XML文章】には、要素を加えるXML文章を書きます。
【要素名】には、XML文章に加える要素の名前を書きます。
「作る」手順は、実行結果として、新しく作ったXML要素を表します。

例文

例えば、XML文章に、<果物一覧> という要素を加えるには、次のように書きます。

果物一覧は、データへ、「果物一覧」という要素を作ったもの

要素の中に要素を加える

XML要素にさらにXML要素を加えるには、「XML要素」種類の「要素を作る」手順を使います。

書式

《加える先のXML要素》《要素名》という要素を作る

【加える先のXML要素】には、要素を加えるXML要素を書きます。
【要素名】には、XML要素に加える要素の名前を書きます。
「作る」手順は、実行結果として、新しく作ったXML要素を表します。

例文

例えば、XML要素に、<果物> という要素を加えるには、次のように書きます。

果物は、「果物」という要素を果物一覧へ作ったもの

要素の中に属性を設定する

XML要素に、属性を設定するには、「属性を作る」手順を使います。

書式

《XML要素》《属性名》という属性を作る

《XML要素》には、属性を設定するXML要素を書きます。
《属性名》には、XML要素に加える要素の名前を書きます。
「作る」手順は、実行結果として、新しく作ったXML要素を表します。

例文

例えば、値段というXML要素に、「単位」という属性を作り、
その属性の内容を「円」とするには、次のように書きます。

単位は、値段へ「単位」という属性を作ったもの
単位の内容は、「円」

XMLファイルとして保存する

作成したXMLをXMLファイルとして保存するには、XML文章の「保存」手順を使います。

書式

《保存先のXMLファイル名》《XML文章》を保存する

《保存先のXMLファイル名》には、XMLファイルの保存先のフォルダとファイル名を書きます。
《XML文章》には、XMLファイルとして保存するXML文章を書きます。

例文 XMLを作成してMLファイルへ書き込む

ーーXMLを初期化
データは、XML文章を作ったもの

ーー<果物一覧>タグを挿入する
果物一覧は、データへ、「果物一覧」という要素を作ったもの
果物は、「果物」という要素を果物一覧へ作ったもの
名前は、果物へ「名前」という要素を作ったもの
名前の内容は、「みかん」
値段は、果物へ「値段」という要素を作ったもの
値段の内容は、50
単位は、値段へ「単位」という属性を作ったもの
単位の内容は、「円」

果物は、「果物」という要素を果物一覧へ作ったもの
名前は、果物へ「名前」という要素を作ったもの
名前の内容は、「りんご」
値段は、果物へ「値段」という要素を作ったもの
値段の内容は、80
単位は、値段へ「単位」という属性を作ったもの
単位の内容は、「円」

ーーXMLに書き出す
「[プログラムの位置]くだもの.xml」にデータを保存する

 

XMLを読み込む

XMLファイルを読み込むには、「XMLとして読み込んだもの」手順を使います。

書式

《XMLファイル名》からXMLとして読み込む

《XMLファイル名》には、読み込むXMLファイルがあるフォルダとファイル名を書きます。

例えば、「くだもの.xml」を読み込んで、その内容を「データ」変数に格納するには、次のように書きます。

データは、「くだもの.xml」からXMLとして読み込んだもの

例文 XMLから同じ名前の要素をすべて取り出す

データは、「[プログラムの位置]くだもの.xml」からXMLとして読み込んだもの

果物一覧は、データから「果物一覧\果物」を取得したもの
果物一覧を要素へそれぞれ繰り返す
	「[要素の「名前」]:[要素の「値段」][要素の「値段」の「単位」]」を表示する
繰り返し終わり

ページ先頭へ