ファイルを扱う

プロデルでは、ファイルのコピーや移動、削除できます。

ファイルのコピー

指定したファイルを別のフォルダへコピーするには、「コピー」手順を使います。

書式

《ファイル名》《コピー先のフォルダ名/ファイル名》へコピーする

【ファイル名】
コピー元のファイル名があるところを書きます。

【コピー先のフォルダ名/ファイル名】
コピーしたファイルを置くフォルダを書きます。
または、コピーしたファイルのファイル名を書きます。

補足

すでにコピー先に同じ名前のファイルが存在する場合は、上書きされます。

例文 「レポート.doc」ファイルを「報告書」フォルダへコピーします

「レポート.doc」を「報告書」へコピーする

「レポート.doc」ファイルを「報告書」フォルダへ「レポート090405.doc」いう名前でコピーします。

「レポート.doc」を「報告書\レポート090405.doc」へコピーする

ファイルの移動

指定したファイルを別のフォルダへ移動するには、「移動」手順を使います。

書式

《ファイル名》を、《移動先のフォルダ/ファイル名》へ、移動する

《ファイル名》
コピー元のファイル名があるところを書きます。

《コピー先のフォルダ/ファイル名》
ファイルのコピーを置くフォルダを書きます。または、コピーしたファイルのファイル名を書きます。

例文 「レポート.doc」ファイルを「報告書」フォルダへコピーします

「レポート.doc」を「報告書」へコピーする

ファイル名の変更

ファイルの名前を変更するには、「変更する」手順を使います。

「文章.doc」を「文章バックアップ.doc」に変更する

ファイルの削除

指定したファイルを削除するには、「削除する」手順を使います。

例文 「テスト.txt」を削除します

「テスト.txt」を削除する

ワイルドカードを使う

ファイルのコピー、削除、移動では、ワイルドカード(*や?)を使うことができます。

例文 拡張子がdocのファイルをデスクトップへコピーします

「*.doc」をデスクトップへコピーする

フォルダの一覧の列挙

[フルパスで「[マイドキュメント]」のフォルダの一覧]を表示
 			[フルパスで「[マイドキュメント]\マイ ノートブック」のフォルダの全一覧]を表示

ファイルが存在するかどうかを判定する

もし「[デスクトップ]文章.txt」というファイルが存在するなら
	「存在します」を情報アイコンで表示する
そうでなければ
	「存在しません」を警告アイコンで表示する
もし終わり

フォルダ

プロデルでは、フォルダの作成や移動、削除ができます。

フォルダの作成

フォルダを作成するには、「フォルダ」種類の「作成する」手順を使います。

書式

《フォルダ名》というフォルダを《作成先のフォルダ名》へ作成する

《フォルダ名》
作成するフォルダの名前を書きます。

《作成先のフォルダ名》
作成するフォルダの位置を書きます。

例文 「データ」という名前のフォルダをデスクトップに作成します

「データ」というフォルダをデスクトップに作成する

フォルダの削除

フォルダを削除するには、「フォルダ」種類の「削除する」手順を使います。

書式

《フォルダ名》というフォルダを削除する

《フォルダ名》
削除するフォルダがある場所を書きます。

例文 「データ」という名前のフォルダを削除します

「データ」というフォルダを削除する

決められた場所のフォルダを指定する

Windowsでは、デスクトップやマイドキュメントなど、あらかじめ決められたフォルダが用意されています。

これらのフォルダに対してファイルやフォルダを操作する場合は、これらのフォルダの位置を調べる手順を使います。

 

決められたフォルダ 意味
ウィンドウズフォルダ ウィンドウズのフォルダを表します
お気に入り お気に入りフォルダがあるフォルダを表します
システムフォルダ システムフォルダを表します
スタートアップ スタートアップフォルダを表します
スタートメニュー スタートメニューフォルダを表します
デスクトップ デスクトップの内容が含まれるフォルダを表します
テンポラリフォルダ 一時保存用フォルダを表します
プログラムファイル プログラムファイルがあるフォルダを表します
プログラムフォルダ プログラムのショートカットが含まれるフォルダを表します
プロファイルフォルダ ログインしているユーザの情報が保存されているフォルダを表します
マイドキュメント マイドキュメントの内容が含まれるフォルダを表します
マイピクチャー マイピクチャーの内容が含まれるフォルダを表します
マイミュージック マイミュージックの内容が含まれるフォルダを表します
今の位置 プログラムがあるフォルダを表します
送るフォルダ 送るフォルダがあるフォルダを表します

 

フォルダ一覧の列挙

指定したパスにあるフォルダの一覧を列挙するには、「一覧」手順または「全一覧」手順を使います。
「一覧」手順では、指定したパスの直下にあるフォルダ名を列挙します。
「全一覧」手順では、指定したパスにある子階層まで含めたすべてのフォルダ名を列挙します。
「フルパスで」形式補語を指定することで、フォルダの絶対パスで列挙します。

フォルダ一覧は、マイドキュメントのフォルダの一覧
フォルダ一覧のすべての要素についてそれぞれ繰り返す
	要素を報告する
繰り返し終わり
フォルダ一覧は、フルパスでマイピクチャーのフォルダの全一覧
フォルダ一覧のすべての要素についてそれぞれ繰り返す
	要素を報告する
繰り返し終わり

フォルダが存在するかどうかを判定する

「存在するかどうか」手順で、指定したパスのフォルダが存在するかどうかを判定できます。

もしパスというフォルダが存在するなら
	子一覧は、パスのファイルの全一覧
 	子一覧を追加する
でなければ
	項目は、{パスのファイル名だけ,ファイル名,(パス)のファイルのサイズ}
	ファイルリストに、項目を追加する
もし終わり

フォルダを選択する

「フォルダ選択画面」でユーザにフォルダを選択するための画面を表示できます。

フォルダ選択画面を表示する
フォルダ名は、フォルダ選択画面のフォルダ名
フォルダ名を表示する

ファイルを圧縮、解凍する

プロデルでは、アーカイバライブラリを使ったファイルの圧縮と解凍に対応しています。

プロデルでは、次の拡張子の圧縮と解凍に対応しています。

拡張子 名称 圧縮 解凍 アーカイバライブラリ名
lzh LHA形式 Unlha32.dll
zip ZIP形式 7-zip32.dll (7-zip64.dll)
またはzip32j.dll(圧縮), UnZip32.dll(解凍)
cab キャビネット形式 cab32.dll
rar RAR形式 × unrar32.dll (unrar64.dll)
tar TAR形式 tar32.dll (tar64.dll)
gca GCA形式 × UnGCA32.dll
arj ARJ形式 × UNARJ32J.dll
7z 7-zip形式 7-zip32.dll (7-zip64.dll)
yz1 YZ1形式 YZ1.dll
iso ISO形式 × 7-zip32.dll (7-zip64.dll)
またはUnIso32.dll

各拡張子のファイルの圧縮・解凍には、ライブラリ名に書かれたDLLファイルが必要です。
これらのDLLは、プロデルには含まれていませんので、
次のサイトなどから必要なファイルをダウンロードしてください。

統合アーカイバプロジェクト
http://www.csdinc.co.jp/archiver/

プロデルは既定値で32ビットで動作します(64ビットWindowsの場合でもWOW64上で32ビットとして動作します)ので
32ビット用のライブラリを用意して下さい。
なお、実行可能ファイルの32ビット起動固定を解除した場合は、64ビットWindowsでは( )に記載したライブラリが必要です。( )の記載の無い形式には対応していません。

ファイルの解凍

圧縮ファイルを解凍するには、「解凍」手順を使います。

書式

《圧縮ファイル》を《解凍先のフォルダ》へ解凍する

《圧縮ファイル》には、各種アーカイバで圧縮された圧縮ファイルを書きます。
《解凍先のフォルダ》には、圧縮ファイルの内容を展開する先のフォルダを書きます。

圧縮ファイルの拡張子に応じて、使用するアーカイバを自動的に選択します。

例文 archive.lzhをデスクトップのarcフォルダへ解凍します

「archive.lzh」を「[デスクトップ]arc\」へ解凍する

ファイルの圧縮

ファイルやフォルダを圧縮するには、「圧縮」手順を使います。

書式

《圧縮するファイル・フォルダ》を《圧縮ファイル》へ圧縮する

《圧縮するファイル・フォルダ》には、圧縮するファイルまたはフォルダを書きます。
《圧縮ファイル》には、圧縮先の圧縮ファイルを書きます。

圧縮ファイルの拡張子に応じて、圧縮に使用するアーカイバを自動的に選択します。

例文 マイドキュメントにある「文章」フォルダを「archive.zip」へ圧縮します

「[マイドキュメント]文章\」を「archive.zip」へ圧縮する

バイナリファイルの操作

このページでは、プロデルでバイナリファイルを操作する方法を紹介します。

書き込み

バイナリファイルとして書き出します。

ーーバイナリファイルの読み込みと書き込み
ファイル名は、「[デスクトップ]データ.bin」
	
ーーバイナリ操作でファイルを作成する
書き込みデータというバイナリファイルを作る
書き込みデータにファイル名を書き込み専用で開く
書き込みデータへ65を書き込む
書き込みデータへ{66,66,68}を一括で書き込む
書き込みデータを閉じる

読み込み

書き込んだバイナリファイルを読み込みます。

ーーバイナリファイルの読み込み
ファイル名は、「[デスクトップ]データ.bin」

ーーバイナリ操作でファイルを読み込む
読み込みファイルというバイナリファイルを作る
読み込みファイルへファイル名を読み取り専用で開く
(読み込みファイルから読み取ったもの)を表示する
読み込みファイルを閉じる

ページ先頭へ