ネットを扱う

ウェブ

ウェブサイトからページの内容を取得する

指定したインターネットアドレスからHTMLを取得するには、「HTTP」種類の「取得」手順を使います。

書式

HTTPで《アドレス》を取得する

《アドレス》には、内容を取得するアドレスを書きます。
実行結果として、アドレスから取得された内容がテキスト形式で表されます。

例文 指定したアドレスからHTMLを取得する

内容は、HTTPで「https://www.yahoo.co.jp/」を取得したもの
内容を表示する

ウェブサイトからファイルをダウンロードする

指定したインターネットアドレスからファイルをダウンロードするには、「HTTP」種類の「ダウンロード」手順を使います。

書式

HTTPで《アドレス》《保存先のファイル名》へダウンロードする

《アドレス》には、取得するファイルがあるアドレスを書きます。
《保存先のファイル名》には、ダウンロードしたファイルを保存するフォルダとファイル名を書きます。

例文 指定したアドレスからファイルをダウンロードする

HTTPで「https://rdr.utopiat.net/img/produire-title.gif」を「[デスクトップ]produire-title.gif」へダウンロードする
「ダウンロードしました」を情報で表示する

「ウェブブラウザ」部品とは

プロデルには、Internet Explorerと同様の機能を持つ、ブラウザオブジェクトが用意されています。

「ウェブブラウザ」種類を使えば、プロデル上でインターネットのウェブサイトを表示させることができます。

ウェブブラウザオブジェクトの作り方

ウェブブラウザを貼り付けるには、次のように書きます。

書式

《場所》《ウェブブラウザ名》というウェブブラウザを作る

例文

次のように書いて実行すると、ブラウザをプロデルのウィンドウに表示できます。

窓というウィンドウを作る
窓にブラウザ1というウェブブラウザを作る
	そのドッキング方向を全体に変える
	そのアドレスを「https://rdr.utopiat.net/」に変える
窓を表示する
待機する

ウェブブラウザを操作する

ウェブブラウザの手順を実行すると、「更新」や「読み込みの中止」などの操作ができます。

例文 前のページへ戻す

《ウェブブラウザオブジェクト》を戻す

例文 次のページへ進める

《ウェブブラウザオブジェクト》を進める

例文 ブラウザのページ読み込みを中止する

《ウェブブラウザオブジェクト》を中止する

書式 ブラウザを再読込する

《ウェブブラウザオブジェクト》を更新する

 

表示されているアドレスを調べる

表示されているページのタイトルやアドレスは、ウェブブラウザの設定項目から取得することができます。

「アドレス」設定項目と「タイトル」設定項目で、現在表示しているページのアドレスとタイトルが取得できます。

《ウェブブラウザ名》のアドレス
《ウェブブラウザ名》のタイトル

 

状況を表示したい

ページを読み込み中の時などのブラウザの情報を取得することもできます。

例文

ウェブブラウザでは、次の例文に書いたようなイベント手順が実行されます。
アドレスや状態などは、設定項目で調べることができます。
実行されるイベント手順の一覧は、「ウェブブラウザ」種類をご覧下さい。

メインブラウザの状況内容が変化した時の手順
	ステータスの状況テキストの内容を、中央パネルのメインブラウザの状態表示に変える
終わり

メインブラウザのタイトルが変化した時の手順
	この内容を、「[中央パネルのメインブラウザのタイトル] - [プログラムのタイトル]」に変える
終わり

メインブラウザの表示が開始された時の手順
	アドレス欄の内容を、情報の「アドレス」に変える
終わり
 			
メインブラウザの戻るボタンが変化した時の手順
	戻るボタンの有効を、メインブラウザの戻せるに変える
終わり
 			
メインブラウザの進むボタンが変化した時の手順
	進むボタンの有効を、メインブラウザの進めるに変える
終わり
 			
メインブラウザの進行状況が変化した時の手順
	もし 情報の「取得済みバイト数」は、-1 でないなら
 		ステータスの進捗状況の最大値を情報の「総バイト数」に変える
 		ステータスの進捗状況の値を情報の「取得済みバイト数」に変える
 	もし終わり
終わり

表示されているページの内容を調べる

表示されているページのHTMLソースと、文章だけの内容を取得することができます。

この設定項目を利用することで表示されているページの情報を保存することもできます。

《ウェブブラウザ名》のソース
《ウェブブラウザ名》の内容

メールを操作する

プロデルでは、POP3とSMTPを使ったメールの送受信が可能です。

メーラやメールを使った自動処理プログラムの作成などの用途に利用することができます。

POP3、SMTP共に、認証や暗号化通信に対応しています。

メールの送信

プロデルでメールを送信するには、「アカウント」種類「送信メール」種類を使います。

与えられたメールアカウント情報を、「アカウント」種類に設定して、「送信メール」種類を作成し、宛先や件名、本文を設定します。
その後、アカウントを使って送信メールを送信します。

アカウントの設定

メールアカウントを設定するには、次のようなプログラムを書きます。
マイアカウントというメールアカウントを作成して、送信サーバを設定しています。

マイアカウントというアカウントを作る
マイアカウントの送信サーバのサーバ名は、「abcdef.net」
マイアカウントの送信サーバのポート番号は、25
マイアカウントの送信サーバの送信者名は、「xxxxx@abcdef.net」

認証が必要なメールサーバの場合

送信に、認証が必要なメールサーバの場合は、次のプログラムを加えてください。
送信サーバの「認証」設定項目を○にして、ユーザ名とパスワードを書きます。

マイアカウントの送信サーバの認証は、○
マイアカウントの送信サーバのユーザ名は、「xxxxx@abcdef.net」
マイアカウントの送信サーバのパスワードは、「xxxxx」

送信メールの作成

メールの宛先や件名、本文を設定するには、次のようなプログラムを書きます。

お知らせメールという送信メールを作る
お知らせメールの件名は、「お知らせ」
お知らせメールの宛先は、「yyyyy@abcdef.net」
お知らせメールの本文は、「明日の会議は午前10時からです。」
お知らせメールをマイアカウントから送る

メールに設定できる内容は、リファレンスの「送信メール」のページをご覧ください。

 

メールの受信

プロデルでメールを受信するには、「アカウント」種類と「受信メール」種類を使います。

与えられたメールアカウント情報を、「アカウント」種類に設定して、「POP3サーバ」または「IMAPサーバ」を使って、サーバにあるメールの情報を取得します。

受信メールは、明示的に削除しない限り、メールサーバに残っています。

アカウントの設定

マイアカウントというアカウントを作る
マイアカウントの受信サーバのサーバ名は、「abcdef.net」
マイアカウントの受信サーバのポート番号は、110
マイアカウントの受信サーバのユーザ名は、「xxxxx@abcdef.net」
マイアカウントの受信サーバのパスワードは、「xxxxx」
マイアカウントの受信サーバの認証方法は、なし

認証が必要なメールサーバの場合

APOP、SSL、TLSといった受信時に認証が必要なメールサーバの場合は、次のプログラムを加えてください。

マイアカウントの受信サーバの認証方法は、「APOP」

メールサーバにある受信メールの確認

メールサーバにある受信メールを確認するには、次のようなプログラムを書きます。

このプログラムでは、メールサーバにある受信メールの件数を取得しています。
「受信メール一覧」変数には、「受信トレイ」種類が格納されています。この「受信トレイ」を使って、各メールの内容を取得することができます。

マイアカウントの受信サーバへ接続する
受信メール一覧は、[マイアカウントから受信したもの]
受信件数は、受信メール一覧の件数
マイアカウントの受信サーバから切断する
 	
「[受信件数]件、受信しました」を表示する

なお、受信メールの確認のみを行う場合は、「接続」手順と「切断」手順を使わずに、次のように書くこともできます。
ただし、この場合は、受信したメールの本文などの情報を取得することはできません。

受信メール一覧は、マイアカウントから受信したもの

受信メールの取得

メールサーバから受信メールを受け取るには、「受信トレイ」の「~番目」手順を使います。
なお、「~番目」手順は、受信サーバへ接続している間に実行する必要があります。

もし受信件数が0でなければ
 	メールは、受信メール一覧の1番目
 	
 	「次のメールを受信しました。

差出人:[メールの差出人]
件名:[メールの件名]
[メールの本文]」を表示する
もし終わり

メールで取得できる内容は、リファレンスの「受信メール」のページをご覧ください。


TCP/IPソケット通信とは

プロデルでは、TCP/IP通信機能を使ってソケット通信ができます。

ここではTCP/IP通信機能を使って簡易的なメッセージ通信プログラムを作ります。
このチャットプログラムでは、1対1ので会話するもので、一人がサーバとなりもう一人がクライアントとなります。

サーバ側

まずサーバを作ります。

サーバでは外部PCからの要求に応答するための「TCPIPサーバ」種類を作ります。

「起動する」手順で指定したポート番号への要求を受け付けます。クライアントから要求を受けると「受信した時」のイベント手順が実行されます。
この例では、クライアントからTCP5000番に要求があったときに「サーバ受信する」手順が実行されます。

このときに「この時のクライアント」からクライアントを制御するための「TCPIPクライアント」種類のオブジェクトが取得できます。クライアンからのメッセージを受け取ったり、返信したりするときは、このクライアントを使います。

この例では、クライアントからの接続要求を受け取った後に、クライアントから送られてきたメッセージを受け取るために「受信した時」の手順を指定します。

「Produire.Network.dll」を利用する
画面表示する
サーバというTCPIPサーバを作る
サーバのポート番号は、5000
サーバの受信した時の手順は、サーバ受信する
サーバを起動する
待機する
 	
サーバ受信する手順
 	クライアントをこの時のクライアントとする
 	出力欄に「[クライアントの相手先アドレス]から接続要求がありました[改行]」を挿入する
 	出力欄にクライアントの受信テキストを挿入する
 	出力欄に改行を挿入する
 	クライアントの受信した時の手順は、クライアント受信する
終わり
 	
クライアント受信する手順
 	出力欄にこの時の受信テキストを挿入する
 	出力欄に改行を挿入する
終わり
 	
画面表示する手順
 	窓というウィンドウを作る
 	そのタイトルを「TCP/IP通信サーバ」に変える
 	出力欄という文章テキストを窓に作る
 	そのドッキング方向を全体に変える
 	そのフォント名を「MS ゴシック」に変える
 	その文字サイズを14に変える
 	窓の閉じた時の手順は、閉じたとき
 	窓を表示する
終わり
 	
閉じたときの手順
 	サーバを停止する
終わり

クライアント側

次にクライアントを作ります。クライアントは、「TCPIPクライアント」種類を使います。

この例では、サーバのTCP5000番へ接続して、メッセージを送り切断します。
なおここではサーバとクライアントが同じパソコンであることを前提にしています。
サーバが別のパソコンのときは、「接続する」手順で指定するホスト名に、そのパソコンのIPアドレスを指定するかコンピュータ名に「\\」を付けたものを指定してください。
またその際にサーバ側ファイヤウォールの設定でTCPIPポート5000番を受け取れるようにする必要があります。

「Produire.Network.dll」を利用する
 	
クライアントというTCPIPクライアントを作る
クライアントの使用ポート番号は、5000
クライアントを「localhost」へ接続する
クライアントから「こんにちは[改行]さようなら」を送信する
クライアントを切断する

すぐに切断せずに、メッセージが入力された際に「送信」手順を実行すれば、常時メッセージをサーバに送ることができます。

チャットプログラムにするための応用方法

このチャットプログラムでは、1対1の通信しかできませんが、サーバが要求を受けたクライアントを記憶しておき、一つのクライアントからメッセージを受けたときに全クライアントに同じメッセージを配信するようにすることで、ちょっとしてチャットプログラムを作ることができます。

ページ先頭へ