スクリーンショット

概要

「スクリーンショット」は、スクリーン上に表示された内容を画像として取り込むことができる種類です。

静的種類保護あり

必要なプラグイン

画像描画機能(Produire.PGraphics.dll

関連項目

手順

【自分】として【位置と大きさ】を取り込む:画像

画面上の指定した位置と大きさの部分をスクリーンショットとして取り込みます。

スクリーンショットとして{100,100,300,300}を取り込む
メイン画面の背景画像をそれに変える

【自分】として画面全体を取り込む:画像

画面全体をスクリーンショットとして取り込みます。

スクリーンショットとして画面全体を取り込む
メイン画面の背景画像をそれに変える

【自分】として現在ウィンドウを取り込む:画像

現在選択されているウィンドウ(アクティブウィンドウ)をスクリーンショットとして取り込みます。

スクリーンショットとして現在ウィンドウを取り込む
メイン画面の背景画像をそれに変える

設定項目

ありません。

サンプルコード

画面全体のスクリーンショットをウィンドウに表示します。

// 画面キャプチャ //
メイン画面を表示する
待機する

メイン画面とは
	ウィンドウを継承する

	はじめの手順
		この実質大きさを{284,262}に変える
		この内容を「スクリーンショット」に変える
		この位置と大きさを{15,15,300,300}に変える
		ピクチャー1というピクチャーを作る
			その位置と大きさを{0,0,284,262}に変える
			その背景色を「White」に変える
			そのドッキング方向を「全体」に変える
		この設計スケール比率を{96,96}に変える
	終わり

	ピクチャー1がクリックされた時の手順
		画面全体をスクリーンショットとして取り込む
		ピクチャー1の画像をそれに変える
	終わり
終わり

 

ページ先頭へ