値とデータ型

プロデルで扱うことができる値には、大きく次の2種類あります。


値型

値型には、次の型があります。

  • 固定小数
  • 長整数
  • 整数
  • 浮動小数
  • 倍浮動小数

プロデル内部で値型は、1つの変数または1つの式評価ごとにオブジェクト型にボクシングされるため、実際に使用されるメモリ容量はこのビット数よりも多くなります。

値型は、変数に代入するときに値だけがコピーされます。
手順呼び出す際に値型の変数を指定した場合は、値渡しになります。

オブジェクト型

「作る」文によって作られた「種類」のインスタンスは、すべてオブジェクト型です。

オブジェクト型は、変数に代入するときにオブジェクトへの参照がコピーされます。

手順呼び出す際にオブジェクト型を指定した場合は、参照渡しになります。

ページ先頭へ