プロデルの式は、次のように分類できます。


定数

定数は、次の通りです。

プロデルでは、以下のマニュアル中で《 》に指定する式として、定数や変数、計算式などがあります。

範囲定数

範囲定数は、値の範囲を表す範囲型を定義するための定数です。

書式

《開始値》《終了値》

例文

30~50のすべての値についてそれぞれ繰り返す
  値を報告する
繰り返し終わり

算術式

式には、値を取得できる手順や計算式があります。
これらは、[ ]や( )で囲むことで、明示的に式であることを表すことができます。

プロデルで計算できる演算

プロデルでは、四則演算など次の演算ができます。

記号 意味
足し算
引き算
*(×) かけ算
/(÷) わり算
累乗(べき乗)
 4^2 → 42=16
10^10 → 1010=1000000000(1E+10)
整数の割り算の商(あまりを出すわり算)
 10¥3 → 3
整数の割り算の余り(剰余)
 10%9 → 1

例文

100*1.8を表示する

ページ先頭へ