分岐文

一つの変数に対して、その値ごとに複数の処理を分ける場合は、「分岐」文を使います。

分岐分は、次のように書きます。

書式

《変数名》について分岐
《文字または数値》の場合
 		
分岐終わり

《変数名》
分岐の比較を行う変数を書きます。

《文字または数値》
判断する値を書きます。
ここには、文字または数値のみを書くことができます。
変数を書くことはできません。

例文 おみくじプログラム

数値は、0から5までの乱数
数値について分岐
0の場合
   「大吉」を表示する
1の場合
   「凶」を表示する
2の場合
   「小吉」を表示する
他の場合
   「中吉」を表示する
分岐終わり

ページ先頭へ