変数と代入文

変数は、値を記憶する箱のようなものです。
利用する前に型を宣言する必要はありません。

メッセージは、「こんにちは」
メッセージを表示する

また、配列や連想配列(辞書)も利用することができます。
詳しくは、「配列」または「辞書」をご覧ください。

型宣言すると、その型以外の値を入れられません。

変数名

変数に付ける名前を「変数名」と呼びます。
変数の名前には、漢字やひらがな、カタカナ、全角半角英数字を使うことができます。

プロデルでは、英数字については大文字・小文字、全角と半角を区別しません。

次のような名前の変数は、すべて同じ変数として扱われます。

  • 変数ABC123
  • 変数ABC123
  • 変数abc123

例えば、次のように「全角小文字のa」と「半角大文字のA」は、同じ変数として扱われます。

a=10
Aを報告

ただし、次のような文字を、変数名にすることはできません。

  • 全角・半角数字のみ  例:123
  • 全角・半角数字で始まるもの 例:2009年データ
  • スペースや括弧、「!」などの記号が含まれるもの 例:!ファイル
  • 改行やタブなどの制御文字が含まれるもの
  • +-などの演算記号が含まれるもの 例:1-3組

変数へ値を代入する (代入文)

変数へ値を格納するには、次のように書きます。

書式

《変数名》は、《入れる値》

《変数名》には、変数の名前(変数名)を書きます。
変数名は、日本語またはアルファベットを使うことができます。

《入れる値》には、文字や数値、変数を書きます。

例文

メッセージは、「こんにちは」
メッセージを表示する

値の格納には、このほかに、3つの書き方があります。
書き方が異なるのみで、動作には違いはありません。

書式

《変数名》《入れる値》とする
《変数名》《入れる値》
《変数名》《入れる値》を代入する

例文

Aを10とする
A=120
メッセージへ「こんにちは」を代入する

みなす文

指定した配列の要素の内容を、変数一覧で指定した変数へ順番に代入します。

書式

《配列》《変数一覧》とみなす

《配列》
代入元となる配列

《変数一覧》
配列の要素を代入する変数の一覧(配列定数の形式で指定します)

例文

入力値は、{「山田太郎」,23,「神奈川県足柄下郡箱根町」}
入力値を{名前,年齢,住所}とみなす
名前を表示する
年齢を表示する
住所を表示する

変数定義式(【 】)

変数を定義することを表す式です。

この定義式をプログラム文中で指定すると、その名前の変数を、その宣言がある有効範囲内で使用することを宣言します。

変数定義式は、変数名を【 】で囲って指定します。また、変数名の後に:を付けて型名を指定することで、その変数の型を固定できます。

例文 プログラム文での局所変数の宣言

//変数宣言
//型を明示した変数宣言
値:文字列
//変数宣言
は、「こんにちは」

手順宣言文では、変数宣言式の表記を、その名前の仮引数を使用することの宣言に指定します。なお、手順宣言文の場合に限り、【 】の代わりに[ ]を使えます。

例文 手順宣言文での仮引数の宣言

自分入力文字列を、処理する手順

終わり

ページ先頭へ